<< キルフェボンの秋タルト 栗パフェ >>

栗のおやつ2

やっとやっと涼しくなって、芋栗かぼちゃの季節楽しんでいます


まずは、ろみさんに習ったスコーン(ココア)を焼きます
b0119934_20363898.jpg

b0119934_2037369.jpg

この生地は冷凍保存ができます

生クリームが余っている時に生地を作って冷凍しておきます

あとは好きな時に解凍して焼くだけというお手軽さ



そして今回はモンブラン風にしたかったので洋栗のペーストを使用
b0119934_2039314.jpg

ペーストそのままでは固すぎるので牛乳とかいろいろ入れて柔らかくしますよ

ペーストの上には渋皮煮をのせます

これは私の試食用はしっこ生地のかたまりスコーン
b0119934_20403053.jpg

全体的に茶色くてわかりづらいけど、

スコーンサンド(洋栗)です^^
by dgre1 | 2016-10-12 20:41 | 手作りお菓子 | Comments(2)
Commented by happanoblog at 2016-10-14 15:20
栗のクリームをサンドしてあるんですか。うわー、おいしそうですね〜。(こればっかりですみません。何しろ食いしん坊だもんで。。)
以前図書館でろみさんのスコーンの本を借りたことあるんですが、美味しそう〜、好みかも、と思ったんですが、「2、3回生地を練る」というところが、素人だもんでどの程度練るのかよくわからず、結局作らずに本を返しました。また借りて挑戦してみようかな。何事も失敗を恐れず先ずは作ってみなくちゃね!
Commented by dgre1 at 2016-10-14 20:26
happanoblog さま
ろみさんのスコーンはおすすめですよ
外側がさっくり、中はしっとりです
たぶん、2・3回練るっていうのはフレゼのことだと思います
これは実際動きをみるとすごくわかるんですよね
私もレッスンで習ってよくわかりました
本では限りがありますよね
<< キルフェボンの秋タルト 栗パフェ >>